*

「鏑木高明」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト-

 


公開日: : 最終更新日:2016/03/02 キーワード, セミナー

「鏑木高明」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト-

鏑木高明


鏑木高明の「相場サイクルとパターン分析」

鏑木高明(かぶらぎ たかあき)
サイクルアナリスト、『アストロロジー』の伝道師。

経歴
1988年頃より商品先物相場をはじめ、その後、株先、オプション取引を実践。
1995年に世界的に著名な米国のマーケットアナリスト、レイモンド・メリマン氏と提携、国内初の相場サイクルとアストロロジーレポートを発行。
1998年よりFX取引を開始。
2012年7月日経ラジオや、ワカバヤシFXのコラムで、ドル円の5年サイクルの上昇期突入を宣言。最低3年のドル上昇の時間と120円以上の目標を設定。中長期の時間を重視し、価格に振り回されない取引の仕方に重点を置く。
現在、(株)投資日報社代表取締役・ 投資日報金融版編集長(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ取締役、日本テクニカルアナリスト協会会員。サイクル、パターン分析を柱として活動中。
参照元 『鏑木高明の「相場サイクルとパターン分析」』より

 


鏑木高明の「相場サイクルとパターン分析」

鏑木高明の 無料期間10日間の メルマガ(メールマガジン)は
こちら鏑木高明の「相場サイクルとパターン分析」

 

YouTube 動画 -

「サイクル分析の鏑木高明さん!」 ラジオNIKEKIのFX番組 鏑木高明氏
【公開日】 2012/9/21 【作者】ラジオNIKEKIのFX番組, YouTube


fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー

関連記事

itadoga

韓国の正体 グローバル経済の植民地(三橋貴明×古谷経衡『月刊三橋』より) YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=lvJ52DpgTGE

記事を読む

seminar

【第三回】小次郎講師の『今さら聞けない経済のコト』~価格について~ YouTube

【第三回】小次郎講師の『今さら聞けない経済のコト』~価格について~ YouTube https://

記事を読む

seminar

小次郎講師投資塾 5周年記念 新年勉強会 〜小次郎講師 講演 前編〜 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=Bc1eMixzbh4 コ

記事を読む

itadoga

「誰も知らないアメリカ格差社会の実情」(月刊三橋2013年8月号「アメリカ格差社会〜グローバル資本主義の悪夢〜」より) YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=7lvVjiqpsvs

記事を読む

itadoga

間違いだらけの原発常識(月刊三橋10月号「脱原発の本質〜何が日本の安全保障を歪めているのか」より) YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=EJJGonW__l4

記事を読む

seminar

【第二回】小次郎講師の『今さら聞けない経済のコト』~お金について~ YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=zpetU7tJ1lU コ

記事を読む

troom

2010/05/02 副島隆彦氏と岩上安身氏 「普天間米軍基地移転」 Youtube

https://www.youtube.com/watch?v=6kGlyPNM2Ow

記事を読む

seminar

【小次郎講師のマネー講座】【基礎編】第8回~世界標準のロスカットラインとは!?~ YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=Jo6BQz0uuE4 コ

記事を読む

no image

NISA(ニーサ)とは?森永卓郎氏 Youtube

  https://www.youtube.com/watch?v=vMQ33QFPI5w

記事を読む

seminar

【第25回】小次郎講師の『今さら聞けない経済のコト』~ジャンク債って?~ YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=xCpMBhHmfH8 コ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


PAGE TOP ↑