*

「鏑木高明」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト-

 


公開日: : 最終更新日:2016/03/02 キーワード, セミナー

「鏑木高明」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト-

鏑木高明


鏑木高明の「相場サイクルとパターン分析」

鏑木高明(かぶらぎ たかあき)
サイクルアナリスト、『アストロロジー』の伝道師。

経歴
1988年頃より商品先物相場をはじめ、その後、株先、オプション取引を実践。
1995年に世界的に著名な米国のマーケットアナリスト、レイモンド・メリマン氏と提携、国内初の相場サイクルとアストロロジーレポートを発行。
1998年よりFX取引を開始。
2012年7月日経ラジオや、ワカバヤシFXのコラムで、ドル円の5年サイクルの上昇期突入を宣言。最低3年のドル上昇の時間と120円以上の目標を設定。中長期の時間を重視し、価格に振り回されない取引の仕方に重点を置く。
現在、(株)投資日報社代表取締役・ 投資日報金融版編集長(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ取締役、日本テクニカルアナリスト協会会員。サイクル、パターン分析を柱として活動中。
参照元 『鏑木高明の「相場サイクルとパターン分析」』より

 


鏑木高明の「相場サイクルとパターン分析」

鏑木高明の 無料期間10日間の メルマガ(メールマガジン)は
こちら鏑木高明の「相場サイクルとパターン分析」

 

YouTube 動画 -

「サイクル分析の鏑木高明さん!」 ラジオNIKEKIのFX番組 鏑木高明氏
【公開日】 2012/9/21 【作者】ラジオNIKEKIのFX番組, YouTube


fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー

関連記事

toshika2

株主優待で暮らすの桐谷広人さんのミラクル集 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=gLee8_axnEI コメン

記事を読む

itadoga

2017年3月1日 (水) 今日の株式 明日の株式の要点リスト ストックボイス You Tube

https://www.youtube.com/watch?v=joYvrxC5Ghk

記事を読む

itadoga

「2014 12 01 WMZ滝澤伯文2」為替の動き YouTube

  https://www.youtube.com/watch?v=eFRSOMrQvxo

記事を読む

itadoga

「誰も知らないアメリカ格差社会の実情」(月刊三橋2013年8月号「アメリカ格差社会〜グローバル資本主義の悪夢〜」より) YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=7lvVjiqpsvs

記事を読む

troom

「三橋貴明公式チャンネル」 YouTube 相場の無料動画まとめ

YouTube 相場の情報 無料動画まとめ 「三橋貴明公式チャンネル」 なぜ間違った自虐教育か

記事を読む

itadoga

2017年5月12日 (金) 今日の株式 明日の株式の要点リスト ストックボイス You Tube

https://www.youtube.com/watch?v=NBGl31I8ulQ

記事を読む

itadoga

他国を乗っ取る中国の”洗国”とは?(月刊三橋「激動ウクライナ〜グローバル化の闇が見える」より) YouTube

他国を乗っ取る中国の"洗国"とは?(月刊三橋「激動ウクライナ〜グローバル化の闇が見える」より) Yo

記事を読む

no image

「野口悠紀雄」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家・エコノミストのYouTubeリスト-

「野口悠紀雄」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家・エコノミストのYouTubeリス

記事を読む

no image

「橋本光正」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト-

「橋本光正」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト- 橋本光正

記事を読む

seminar

小次郎講師の徹底的!チャート分析講座 移動平均線大循環分析-入門編Vol 03- YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=S_DlHDqNlAc コ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


PAGE TOP ↑