*

「滝澤伯文」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト-

 


公開日: : 最終更新日:2016/03/02 キーワード

「滝澤伯文」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト-

滝澤伯文


TAKIZAWAシカゴ・レター/今日の視点・明日の視点

滝澤伯文(たきざわ おさふみ)
ストラテジスト、CME(CBOT)で日本人唯一のフロア会員。

経歴
1988年日興證券入社
1993年日興インターナショナルシカゴ
1997年日興インターナショナルNY本社勤務
1999年米国CITIグループNY本社へ転籍
2000年よりCITIグループ傘下のソロモンスミスバーニーシカゴに転勤。CBOTの会員に復帰し、シカゴ市場から米国市場の分析を日系大手金融機関に提供
現在、CME(CBOT)で日本人唯一のフロア会員として各種情報の提供中
参照元 『TAKIZAWAシカゴ・レター/今日の視点・明日の視点』より

 


TAKIZAWAシカゴ・レター/今日の視点・明日の視点

滝澤伯文の メルマガ(メールマガジン)は
こちらTAKIZAWAシカゴ・レター/今日の視点・明日の視点

 ※滝澤伯文氏のブログはこちら

 

YouTube 動画 -

大統領選挙 滝澤伯文氏
【公開日】 2016/1/12 【作者】utada_san1

アメリカマーケットの動き 滝澤伯文氏
【公開日】 2015/5/19 【作者】utada_san1

アメリカ雇用統計の解説 滝澤伯文氏
【公開日】 2015/1/13 【作者】utada_san1

為替の動き 滝澤伯文氏
【公開日】 2014/12/16 【作者】utada_san1


fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー

関連記事

itadoga

荒野浩氏 「市場関係者の眼 2016年2月26日」 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=fRmVafP0rZI

記事を読む

troom

【小次郎講師のマネー講座】【入門編】第1回:~なぜ、投資が必要なのか?~ YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=mRB7iie1ie4

記事を読む

itadoga

なぜ家計の金融資産が過去最高になったのか? (三橋貴明公式ブログ [2014年3月26日]より) YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=Ekqp3w3SDCU

記事を読む

itadoga

マスコミが言わない不都合な韓国経済の真実 (情報提供:三橋貴明) YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=BX2vC35PCFQ

記事を読む

troom

「上念司」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト-

「上念司」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト- 上念司

記事を読む

no image

「中原圭介」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家・エコノミストのYouTubeリスト-

「中原圭介」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家・エコノミストのYouTubeリスト

記事を読む

seminar

小次郎講師投資塾:ギャンの価値ある28の法則 【第5回】リスク分散とは? YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=hX9VzFvNvXQ コ

記事を読む

itadoga

韓国の正体 グローバル経済の植民地(三橋貴明×古谷経衡『月刊三橋』より) YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=lvJ52DpgTGE

記事を読む

troom

「孝彦江崎」 YouTube 相場の無料動画まとめ

YouTube 相場の情報 無料動画まとめ 「孝彦江崎」 日経平均株価18年半ぶり高値 【公開日

記事を読む

troom

武者陵司氏 「『中国をめぐる情勢と今後の展望①』 AJER2015.9.7(5)」 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=6X3oRPeOVnk コ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


PAGE TOP ↑