*

「持田有紀子」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト-

 


公開日: : 最終更新日:2016/03/02 キーワード

「持田有紀子」 -人気の投資家・トレーダー・アナリスト・経済評論家のYouTubeリスト-

持田有紀子


シンプルにマーケットとつきあい続けるためのお話

持田有紀子(もちだ ゆきこ)
マネーコンサルタント、トレーダー。

経歴
慶応義塾大学法学部政治学科 新聞研究所修了
野村証券入社、本社・商品本部で株式トレーダーを経て、本店営業部
株式オプション、営業課、ワラント債ディーラー等を経験
退社後は人事コンサルティングの分野で活動し心理学や行動科学を習得し、さまざまな投資家へのアドバイスを開始
2005年にアルジャントレード(株)を立ち上げ、海外の先物や外国為替取引のノウハウの蓄積を利用した投資・運用サービスに関わる
参照元 『シンプルにマーケットとつきあい続けるためのお話』より

 


シンプルにマーケットとつきあい続けるためのお話

持田有紀子の メルマガ(メールマガジン)は
こちらシンプルにマーケットとつきあい続けるためのお話

 ※持田有紀子氏のブログはこちら

 

YouTube 動画 -

2015.04.17 夜トレ~小竹寛示さん&持田有紀子さん登場! 持田有紀子氏
【公開日】 2015/4/17 【作者】為替レート・為替相場

【ライブ】WITV Recommend 「投資家必見!最新トレード術」 (2013/11/25放送)」 持田有紀子氏
【公開日】 2013/11/28 【作者】worldinvestorstv

2月17日夜トレ「小竹貫示さん、持田有紀子さん」 持田有紀子氏
【公開日】 2012/2/17 【作者】ラジオNIKEKIのFX番組


fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー

関連記事

seminar

小次郎講師投資塾:ギャンの価値ある28の法則 【第8回】難平とは? YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=-48A938bpcc コ

記事を読む

seminar

【第17回】小次郎講師の『今さら聞けない経済のコト』~ビットコインについて~ YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=3-QLxU9QII4 コ

記事を読む

itadoga

相場師朗氏「株 相場師朗 プロの銘柄選び方法」 YouTube

  https://www.youtube.com/watch?v=4HB2LUKdEvs

記事を読む

seminar

小次郎講師の徹底的!チャート分析講座 第5回MACD(マックディ)-前編- YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=iOVpN1dvZPc コ

記事を読む

itadoga

【高速版】民主主義を考察するための四つの事例(後編) (三橋貴明公式ブログ [2014年3月28日]より) YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=g67AuFHjVIE

記事を読む

itadoga

「未知の株高と経済ショック」(月刊三橋2013年12月号「2014年、世界と日本〜未知の株高と経済ショックXデー」より) YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=-l_lXsz2fW8

記事を読む

itadoga

堀篤氏の「堀篤先生が教える株式投資」① Youtube

https://www.youtube.com/watch?v=vccHm86Cs2I

記事を読む

no image

中原圭介氏 『2013年 大暴落後の日本経済』(1/3) Youtube

https://www.youtube.com/watch?v=rer2GcJlkFA

記事を読む

itadoga

情報工作としてのいわゆる従軍慰安婦問題(月刊三橋9月号より)YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=uZknbK44rpY

記事を読む

seminar

【第13回】小次郎講師の『今さら聞けない経済のコト』~総合取引所について~ YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=1rzFPbaY3OU コ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


PAGE TOP ↑